湯谷歯科クリニック

TEL:048-773-7597 9:30~13:00/14:30~20:30

  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・採用情報
  • 医院情報
  • アクセス

歯周病治療

  1. Home>
  2. 歯周病治療

歯周病はさまざまなリスクをもたらす、恐ろしい病気です

日本人が歯を失う原因で最も多いのが、歯周病です。
歯周病の厄介なところは、多くの方が感染しているにもかかわらず、自覚症状がほとんどないため気づかないうちに進行してしまうということ。
いつまでも健康な歯を失いたくないという方は、歯周病の予防および早期治療に努めましょう。
こちらでは、八丁堀の歯医者「湯谷歯科クリニック」が歯周病の症状や治療方法についてわかりやすくご説明します。

日本人の約8割が歯周病の予備軍です

[画像]日本人の約8割が歯周病の予備軍です

日本では、成人男女の5人中4人が歯周病、もしくはその予備軍であると言われています。
歯周病は歯周病菌と呼ばれる細菌が招く口腔内の感染症で、感染すると歯ぐきの腫れや出血といった症状があらわれます。
この段階で歯周病に気づければ早期治療につながりますが、痛みがないため放置されてしまうケースも少なくありません。

症状をそのまま放っておくと、歯を支えている顎の骨が歯周病菌によって溶かされ始めます。
さらに悪化した場合には、支えを失った歯が抜け落ちてしまう可能性も。
歯を1本失うと、口腔内環境が乱れてさらに歯を失うリスクが高まるので注意が必要です。
くわえて最新の研究からは、歯周病菌によって脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などの全身疾患にかかるリスクが増大することもわかってきました。
歯周病は私たちにさまざまなリスクをもたらす、恐ろしい病気なのです。

思い当たる症状はありませんか?~まずはセルフチェックを~

大切な歯を歯周病から守るためには、早期発見が大切です。
セルフチェック表をご用意しましたので、思い当たる症状があればチェックを入れ、歯周病にかかっていないか確認してみましょう。
チェック項目が多い方ほど、歯周病が進行している疑いがあります。

セルフチェック表

歯周病の進行と治療法

八丁堀の歯医者「湯谷歯科クリニック」には、多くの患者さまからの喜びの声が寄せられています。
一部ですが、こちらでご紹介します。
これを励みに、引き続き患者さまに喜んでいただける治療をご提供できるよう、よりいっそう努めてまいります。

軽度歯周炎

歯ぐきが歯肉炎を起こしていますが、炎症の度合いは軽度なので痛みはありません。
歯ぐきの腫れや出血が起きたり、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)が深くなったりします。

治療・処置

[画像]スケーリング

スケーリング

専用器具「スケーラー」を使用し、歯周病菌の巣になっているプラークや温床となっている歯石を取り除きます。
当院ではスケーリングの際に痛みを感じないよう、細心の注意を払って処置を行っています。

[画像]ルートプレーニング

ルートプレーニング

「キュレット」という器具を使用し、ブラッシングだけでは届かない歯と歯ぐきの間の奥深くの溝に付着したプラークや歯石を除去する処置です。
処置が終わったら、汚れが再付着しないように歯の表面を滑らかにします。

中等度歯周炎

歯を支えている顎の骨が溶かされ始めた状態で、歯が浮くような違和感が出たり、歯ぐきの腫れ・出血がひどくなったりします。
硬いものを咬んだり強く咬んだりしたときに痛みがあり、口臭がひどくなるケースもあります。

治療・処置

[画像]歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケットが比較的浅い場合に行う治療法です。
局所麻酔をかけてから歯周ポケット内のプラークや歯石、歯周病に感染した歯肉などの組織をかき出します。

[画像]フラップ手術

フラップ手術

歯ぐきを切開し、歯の根元にこびりついた歯石や歯周病菌に侵された歯周組織を除去する治療法です。
歯周ポケットが深い場合に行う外科処置で、拡大鏡を使用し安全・正確な治療にこだわっています。

[画像]レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療は痛みが少ないため、麻酔をせずに治療ができる事がほとんどです。
照射したレーザーは歯周病に侵された患部のみに作用するため、治療箇所以外への影響はほとんどありません。
止血効果や殺菌効果も期待できます。

重度歯周病

歯のグラつきや歯の痛みがひどくなり、顎の骨の大部分が歯周病菌により溶かされてしまっている状態です。
このまま進行すると、いずれは歯が抜け落ちてしまいます。

治療・処置

[画像]GTR法

GTR法

歯周病によって溶かされてしまった骨の再生を促す治療法です。
骨が再生するスペースを確保するためにメンブレンという膜を入れ、溶かされた骨の再生を促します。

[画像]エムドゲイン法

エムドゲイン法

エムドゲインゲルという生物由来の特殊な薬剤を注入することで、顎の骨を再生させる方法です。
ゲルを取り除く処置は必要ありません。

[画像]FGG(遊離歯肉移植)

FGG(遊離歯肉移植)

溶けてしまった歯根の周囲に、上顎の口蓋から上皮のついた歯ぐきを移植する治療法です。
角化歯肉(唇を引っ張っても動かない部分)と呼ばれる頑丈な歯ぐきを移植することで、炎症を予防できます。

[画像]CTG(結合組織移植)

CTG(結合組織移植)

歯ぐきが痩せてしまった場合、また抜歯後に陥没してしまった場合に、上顎の口蓋から採取した結合組織を患部に移植する治療法です。
歯根をおおう歯肉の厚みが増すため、ブラッシングがしやすくなります。

ページトップ

医院からのお知らせ